結婚相談所アドバイス結婚相談所に入会すると「専任のアドバイザーが懇切丁寧にサポート」と言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。このコラムは本音ベースですので、正直なところをお話しいたします。結婚相談所に規模によってかなりの違いがあります。

■地域密着、小規模の結婚相談所

基本的にマンツーマンの熱血指導を行うと考えてください。ご自身のことを深く伺い、その人にとってふさわしいと思われる相手を紹介ます。アドバイザーというよりもお見合いの仲人のようなイメージです。

色々指導やアドバイスをしてくれますが、時には踏み込んだこと(服装や髪形に至るまで)まで注意を受けることがあります。また、交際の進捗具合などを聞かれることもあります。

プライベートなことまで詮索される一方で、責任を持って相談に乗って、お世話をしてくれる人が多いということが特徴になります。

■大手結婚相談所

懇切丁寧と謳っていますが、まず期待しないでください。アドバイザーと書いてあっても実際の仕事は事務兼営業です。相手とのトラブルがあった、活動について不安があるといった場合であって、入会時にもらった名刺に問い合わせても、共通の問い合わせ窓口を紹介されるだけです。

あの人たちの仕事は、いかにして会員を増やすのかの営業であって(従ってあの人たちはかなり偏った歩合給です。入会させなければ稼げない状態です)、入会させた会員は正直ほったらかしです(本音ですみません)。

では、その問い合わせ窓口はどうかと言いますと、通常のメーカーのコールセンターのようなものだと考えてください。対応は事務的でトラブルがあっても積極的に動くことはありません(犯罪行為があったなどは別ですが)。

ですので、大手結婚相談所での活動は本人が自覚を持って行うことが第一。能動的でかつ責任のある行動が求められます。その代わり、アドバイザーからとがめられることもありません。

熱血指導か自由放任か、その極端な2つの性格を持つアドバイザー、どちらが良いのか判断をして結婚相談所のタイプを選ぶことになります。

結婚相談所のアドバイザーと問い合わせ窓口は役に立つ!?